For English click on the tab ENGLISH

東京アーバンパーマカルチャー(TUP)の世界へようこそ!

このブログでは僕のワークショップ(WS)やイベントの告知をしています。
WSの最新情報や活動の近状に興味ある方はメーリングリストに入ってください。
右の欄にメールアドレスが書かれています。

東京からサステナブル(持続可能な/共生的)社会を育むための実験と実践を行っています。
世界の最新情報やスキル(技術)を学び、
それを体感型のワークショップで日本に紹介しています。
パーマカルチャー、非暴力コミュニケーション(NVC)、禅(マインドフルネス)、
システム思考、ユースのエンパワーメントなどが活動の軸です。
活動仲間や企画者を常に募集しています。
よろしくお願いします。

次世代のためにも、一緒に平和で希望のもてる社会を創作していきましょう!

Friday, August 19, 2016

【RadioActive Radio vol.10】2016参院選、そしてこれから


冨田貴史君とはじめた
アクティビズム(社会変革)を
テーマとしたネットラジオ
RadioActive Radio

かなりマニアックだけど
社会を真剣に変えたい人や
そういう人の話を聞きたい方におすすめ!
今回は2016年の参院選を振り返って
僕と貴君が思っている事を話題にした。
二人とも三宅洋平君と選挙フェスに関わって、
街頭演説とかもした。



まだこのテーマが熱い時期だから
貴君は最初遠慮気味だったけど。。。
どうやらSNS上や政治活動している人の間で
炎上してたりバッシングがあるみたい。
幸い僕はTwitterとかFBしてないから
そういう情報がほとんど入って来ない。
(普通の人も知らないだろうね)
三宅洋平君もかなり叩かれているみたい。
他にも洋平君みたいに地方で立候補した人達が
鬱になってしまったり(8割りって聞いた)。

絶望や傷ついている人、
怒りやジャッジメントに苦しんでいる人、
今の日本には大勢いると思う。
そんな危機感や絶望に見舞われる中
愛と非暴力の意識を育て続けたい。
幾ら戦っても戦争は止められない。
人のハートを動かすこと
それが平和活動
愛に動かされて
共生への招待状を配り続ける
one love


Thursday, August 18, 2016

【RadioActive Radio vol.9】ガーデンニングというアクティビズム


冨田貴史君とはじめた
アクティビズム(社会変革)を
テーマとしたネットラジオ
RadioActive Radio

かなりマニアックだけど
社会を真剣に変えたい人や
そういう人の話を聞きたい方におすすめ!
今回は冨田貴史君とガーデンのお話。


ソーヤー海が熱く語るガーデンニングの世界!
そもそも、僕(海)は反戦運動とガーデニングが
アクティビズムへの入り口だった。
誰でもできるアクティビズムだけど
もっとも革命的な活動かもしれない。

ガーデンニングこそ本質的な自立への道
僕はみんなにガーデニングをしてほしい!
増える恵みの世界へ招待したい。




一緒に命を育てよう
一緒に命の文化を創育しよう
一つの種から無限の可能性

Check it out!






多様性のパーティー 

 
コミュニティーでやるとなお楽しい


子供でもできる!


収穫の喜びを味わおう!


ガーデンで恋をしよう! 


都会に命を育てよう! 


土地がなければゲリラで!

Tuesday, August 16, 2016

【TUPの旅】BIONEERS カリフォルニアの革命家達


世界的な環境・社会・エコイベント「Bioneers(バイオニアーズ)」
 
1990年に始まったこのイベント、
名前の由来はエコなパイオニアたち(Bio+Pioneers)。
そんな人々が3000人も集まるのだ。

Bioneersは、「エコなパイオ ニアたち」=科学者、アーティスト、庭師、経済学者、アクティビスト、地方自治体職員、建築家、経済学者、農家、ジャーナリスト、宗教者、教育関係者など を全世界から招聘し、さまざまなテーマでの講演、ワークショップ、討論会、映画上映会、パフォーマンスなどを行うイベントだ。

東京アーバンパーマカルチャーと一緒に行く
カリフォルニアの社会変革の世界


メインホールでの刺激的な基調講演


抑圧とオイルサンズ開発と命がけで
戦っているカナダ系先住民のリーダー

 
ナオミ・クライン
カナダのジャーナリスト、作家、活動家。
21世紀初頭における世界で最も著名な女性知識人、
活動家の一人として知られる
(wikipediaより)

パール・スタミッツ 
菌学者ポール・スタメッツが、菌性体が宇宙を救うことができる6つの方法を挙げる。汚染された土壌をきれいにし、殺虫剤を作り、天然痘、はてはインフルエンザまで治療する


数多くのワークショップやグループワークもある
クオーリティー


グラフィックイラストレーションの
ワークショップもある


夜は祝福のダンスパーティー
カリフォルニアダンスカルチャー

以下は一緒に活動しているTUPの
鈴木えりさんより

10/20 ~ 10/24 ほしい未来の最先端がここに。 Bioneers Conference に参加しよう!
参加人数:10名 (条件付き先着順)
参加費: 15万円
申し込み+お問い合わせ:
tup.tour(at)gmail.com  (at)を@に変えてメールください。
申し込み期限:8月29日 (会議への団体割引をいただくため、この期日までのお申し込みをお願いします)

旅のガイドソーヤー海 & 鈴木栄里

「こんな素敵な人たちがこんな素敵な活動をしているのだから、世界はよくならないわけがない」
その日、私、鈴木栄里はそう感じました。


これは、2012年に初めて「Bioneers」に参加した時のこと。会議の全日程中、基調講演で聞く話、パネルセッションでのプレゼン、ワークショップでの対話に、終始ワクワクがとまりませんでした。

そんな私が感銘を受けた「Bioneers(バイオニアズ)」とは、サステナブルムーブメント最先端のアメリカ、カリフォルニア州のベイエリア(サンフランシスコから北に30分ほど)の街、サンラファエル市で過去26年間毎年行われている会議のこと。

その名は、”Biological Pioneers (エコなパイオニアたち)”を組み合わせた造語で、生命のつながりの中で人類が存続していけるように、生態系の本質を理解し、自然を手本にして、新たな社会的・科学的なイノベーションを生み出している人たちが集う場です。

実際に「Bioneers」では、全世界で活躍するバイオニアたちが大集合し「人類が他の全ての生物と共存し、未来世代の生命を損なわないためには今何をすれば良いか」という問いに対する答えを探るため、知恵を共有しあいます。

そして、科学者や技術者、先住民のリーダー、アーティスト、社会・環境など多分野の活動家、思想家、ビジネス・行政のリーダー、教育者や学生などが出会い、それぞれの分野での最先端の情報の共有とビジョンの共創が行われます。連日午前中に行われるKeynoteスピーチは毎回目を見張る、ワクワクするような内容ばかりで、拍手喝采の連続。

「人類の叡智の融合とはこういう場で生まれていくのかもしれない」そう私は、現場で感じたのです。


「Bioneers」では、最新技術と同じように先住民の文化と知恵が尊重されます。女性性と男性性が共に尊重されます。そして若者と年配者が共に尊重されます。その多様性を認めあい、学び合う姿勢がとても魅力な場です。

例えばキノコ学者が、キノコによる癌治療法や放射能汚染除去方法、蜂の減少とキノコの関係性などキノコ最新情報の話をする一方で、女性のリーダーがアフリカでの女性の地位向上の活動を共有したり、若者アーティストのパフォーマンスや先住民の長老のお話があったり。老若男女問わず多様性に飛んだテーマと立場の話が、フラットに交換されます。

そして午後は各自に別れ、好きなダイアログやワークショップ、パネルディスカッションに参加し、少人数でより詳細な情報やスキルのシェアが行われます。様々なバックグラウンドで、それぞれの課題を持って、個々の分野で活動している人たちが、常に前へと歩み続ける為に、年に一度、愛と希望のエネルギーを補給しにくる場。それが「Bioneers」なのです。


「1年ぶりだね〜。元気だった? 最近どうしてる?」

こんなふうに「Bioneers」は、さまざまな分野で活躍する活動家たちが一同に会する、まるで大同窓会のような雰囲気に包まれています。お昼休み中の屋外コンサートには自然に人が集まり、ダンスを楽しむ様子も。夜には映画上映会やダンスパーティー、種の交換会などがあったりと、カジュアルな会話と出会いの場も盛りだくさんです。そして会う人たちとの会話からお互い刺激を受けつつ、「こうやってみんなで一緒にサステナブルな社会をつくっていけるんだ」という実感が自然と湧いてきます。

こんな「Bioneers」のような知恵と希望と創造性の祭典を日本でもやりたい!
そして、そんな場を共につくりたいと思う仲間に一緒にその場を体験してほしい。

そう思った私は、「Bioneers」に過去参加したことがある、greenz.jp編集長の鈴木菜央さんと共同し、仲間を募って「Bioneers」に参加することにしました。

「Bioneers」期間中は東京アーバンマーマカルチャーのソーヤ海くんと鈴木栄里が参加者のファシリテートと、会議のナビゲートします。greenz.jp編集長の鈴木菜央さんと編集デスクのスズキコータさん、そして、日本語でBioneersの情報を増やそう!と、greenz.jpのライターさんにも参加いただけることになりました。

英語に関しては、基調講演の同時通訳は入りませんが、鈴木栄里とソーヤ海が会議のスピーカー情報や各セッションの概要を事前にご紹介します。ある程度、英語が理解できることが条件になりますが、セッションは基調講演やパネルディスカッションなど英語力が求められるセッションだけでなく、ワークショップやブースなど、語学力に関わらず体感できる場もたくさんあります。英語の苦手な方にはできる限りでコミュニケーションサポートをします。

会議中は、昼間は個人で気になるセッションに参加し、夜はお互いのセッションでの経験をシェアする予定です。そして期間中に今後日本でBioneers的な場を作っていくならどんな形でできるかなど、一緒に妄想を始められたらと思っています。

今回のツアーではBioneers会議のオーガナイズサイドとBioneersに長年かかわってきた小田まゆみさんのご協力により、会議中Change Maker’s Fairの中に日本からの参加者用のブースをいただきました。
このブースは福島の原発事故から5年の今の日本で生まれてきている新たな動きを発信する場や日本からの参加者の拠点として利用することが可能です。日本での活動など世界と共有したい情報がある人はぜひこの場を活用してください。また、これまでたくさんの環境活動に関わってきた小田まゆみさんとの時間を過ごす貴重な機会にもなると思います。
*小田まゆみさんについてはコチラ
 
greenz.jp編集長の鈴木菜央さんがgreenz.jpの原点がココにあると言っていた「Bioneers」会議。東京アーバンパーマカルチャーの仲間と一緒に今年参加して、将来的に日本で「Bioneers」作っていく妄想を一緒にしようー。

* Bioneersに関しての詳しい情報は以下のgreenz.jp の記事を参考に
2008年バイオニアズ会議参加記録

Tokyo Urban Permaculture Bioneers 企画
案内人:鈴木栄里、ソーヤー海

参加人数:10名 (条件付き先着順)

参加費: 15万円
含まれるもの: Bioneers会議参加費、宿泊、滞在中の交通費、食費、Bioneers会議のオリエンテーション+ファシリテーション
含まれないもの: 航空費、海外旅行保険、外食費(Bioneerでの昼食)

Bioneers会議自体がお金というリソースで貢献できる人がそうでない人(若者や予算の少ない状態で頑張っている活動家)を応援するシステムを導入しています。資金でBioneersに貢献したい人の参加費はこちら: 20万円


スケジュール詳細:
日程:10/20 (木)~ 10/24(月)

10月20日(木)
15時 サンフランシスコ空港で集合 宿泊場所への移動
16時 イントロダクション+チェックイン
みんなで一緒に夕食
Bioneers会議の初日のオリエンテーション

10月21日 (金) 〜 10月23日(日)
Bioneers会議参加
朝食で1日の会議の流れを紹介。キーノートスピーカーの紹介と午後のセッションの概要紹介。
会議中は自由行動。
夕方集合。
みんなで一緒に夕食。Bioneers会議で聞いてきたこと、見てきたことのシェア

10月24日(月)
朝食
Bioneers 会議の振り返り+チェックアウト
13時 宿泊場所で解散

申し込み+お問い合わせ:
tup.tour(at)gmail.com  (at)を@に変えてメールください。

申し込み期限:8月29日 (会議への団体割引をいただくため、この期日までのお申し込みをお願いします)


******

10/24 (月)午後 〜 10/29(土)


詳しくは:ここをクリック

すっごく楽しいよ!

人生が変わるジャーニー

心が動いたら
its time





Monday, August 15, 2016

【TUP楽校】プランツ・プロジェクトと植物の世界



PAWAで行っているパーマカルチャーデザインコースの中間プロジェクトは、【プランツ・プロジェクト】。目的は、植物に好奇心をかき立てる事と、使える植物のレパートリーを増やすのと、自然の神秘と繋がってもらう事かな。植物の世界は超トリッピー。太陽光から必要なエネルギーを作って、菌とかと協力し合って必要な養分を土から吸収して増える!凄すぎる!しかも、僕たちはみんな植物なしでは生きていけない。本当に御陰さまだよね。PLANT LOVE

上や下の写真にズームしてみて
多様な表現が良い学びになるとおもう


目が惹かれる演出
蓮にあらためて関心がわいた
しかも、外には実物が美しく咲いている


可愛く描かれていて
ギルド(植物や他の生命の
共生的組み合わせ )が分かりやすい
蜂や鳥も含まれているのもナイス!


紙の上の方に「選挙にいかない50%の人たちに、
ギフトプランター」をあげるって書いてある
まず、ネギとしそが入ったプランターを
ギフトして意識に働きかける企画つき
プレゼン後に数鉢あげてた


とっても良いプロジェクトだと思うので、みんなもやってみて。子供ともできるし、大人は勿論!パーマカルチャーに興味があるなら、これはやっておいてほしいな。たぶん、世界の見方が変わるから。



以下は受講生に送った課題(&ボーナス情報)


Plant Projectの詳細一つの植物を選んで
以下の情報を調べてA3のポスターを作る。
お盆休みのPDCで2分間の発表をしてもらう予定。

その植物を描く(花や根も)

・   大きさ(地上、地下)を調べる
*例えば、コンフリーは1メートル以上深い根をはるとか

・   何科(family)とその特徴、学名(和英)を調べる

・   育て方、ニーズ(必要な条件)を調べる

・   出身地、生息場所・分布、日本への到来を調べる

・   増やし方(種、挿し木とか)を調べる

・   活用法を調べる

・   ギルドを考えてみて描く(多年草と一年草を含むもの)

ネットだけではなく、実物を見たり
本などで調べる事も大事。



***以下はボーナス的なオススメ***

実践!
・植物を育てたり
・コンポストをやる


パーマカルチャーの本を読んでみる
日本語の場合は緑の「パーマカルチャー農的暮らしの永久デザイン」を読んでみて(翻訳が難しくしているけど、重要な内容)
英語で読める人にオススメしたい本は
1。Permaculture Designer's Manual(元祖バイブル)
2。Gaia's Garden (アメリカで大人気のサバーバン向け)
3。Practical Permaculture(僕の先生の一人が最近だした)

その他に
・簡単な生態学の本
・植物や動物のフィールドガイド(身の周りの要素を知る)
・システム思考の本(例えば「世界はシステムで動く」


ガーデンのデザイン(design practice)
PDCや本などで学んだ事を活用して、
なるべく実際自分が関わりそうなガーデンの
デザイン(描いてみる)をしてみる。


分かち合う(share the abundance)
デザインコースなどで学んだ事を
ネットでシェアしたり、
持ちよりご飯会で話したり、
イベント・ワークショップを開催してみたりして、
発信者になってみる。
自分が何を理解していて、
何をしていないかが分かってくるし、
仲間がどんどん増えるよ。


パーマカルチャーサイトを見に行く日本にも幾つかパーマカルチャーを
実践している所があるし、
海外には無数のサイトがある。
様々な実践場を見て、
どこのグッドデザインや
solutionが見つかっていないproblemを
体験するのはとっても良い学び。
ゆりこブロック(笑ってた)のガーデンツアー
https://www.youtube.com/watch?v=L1xR5lL2AYQ


ボーナスの座学
F1と固定種について
アーバンパーマカルチャーの世界2(TED 編)
ミミズコンポスト
*自分でも色々調べたり、人に聞いたり、事件してね!!


無理なくパーマカルチャーを実践していこう!

One love

Saturday, August 13, 2016

【報告】PAWA PDC 2016の様子

(こう見えても講座は全部日本語!!!)





 フィルが愛をそそいて育ててきた
パーマカルチャー安房
遊びがある学びと実験の宝庫
10年後が楽しみ!


ガーデンでお茶やピザトッピングを
摘むスタッフ達
テントの下はロケットストーブWS 


フォレストガーデンの中で
果樹園デザイン講座 
何層にも植物が育っているのが見える


木の役割と木のギフトの話
蒸発散について熱く語る
木=水
TREE LOVE


カイルとフィルが開発した
軽量籾殻土(断熱材)を
参加者と壁に詰め込むWS




ソーラーオーブンの原理と作り方の説明
険しい顔を仮面ライダーもどきが和らげている
太陽光だけで200°以上になる
革命的な適正技術 (appropriate technology)
これぞ宇宙料理


受講生が別れてオリジナルデザインを考える
段ボールで作ったものから
しっかりとした木製のオーブン設計
子供とやっても絶対たのしい!



親方カイルのもとで
ロケットストーブの作り方を学ぶ
万能ネギの後ろはカイル作 


前夜から準備をしているカイル
なぜか下駄 に短パンTシャツ


 

フィル師匠が担当している
ジョン・ジェヴォンズ式の
コンポストトイレの制作現場
 
左奥ではスイーツの配給
 毎日、手作りスイーツが二回
出ることになっている



できたてのコンポスト・トイレで
蓮とのツーショット




2日目から早速 Pizza Party!!!
しかも、流星群のパフォーマンスつき
大地の幸と宇宙の神秘


みんなの創作ピザ
僕の一番好きだったのは
フィルのマスカット +蜂蜜+カマンベールチーズピザ



なんて幸せなんだろう
すごい世界と出会ったもんだ
自由に幸せに生態系の一員として生きる道

一緒に生きよう!

Thursday, August 11, 2016

PAWA パーマカルチャーデザインコース(後期)スタート!

 


まさに文化作り 

2017年も同じ時期(たぶん)で行うよ
募集してから二週間くらいで
いっぱいになってしまったから
参加したい人は告知を良ーく見ててね 
卒業生の活躍が超楽しみ!!! 

パーマカルチャー最高!!!
EARTH LOVE

Monday, August 8, 2016

10月 カリフォルニアのパーマカルチャーとギフトの世界


カリフォルニアでディープな体験、
「答え」を生きている革命家達と会うツアー。
僕が大好きな
アクティビストの溜まり場
BAY AREA!
一緒に冒険しよう!!!

*以下、仲間の鈴木えりより*

カリフォルニアのパーマカルチャーとギフトの世界

TUP人生を変えるパーマカルチャーツアー2016年
第5弾はカリフォルニアのベイエリア
(サンフランシスコ、バークレー、オークランド)!

TUP人生を変えるパーマカルチャーツアーは
その名の通り、人生を変える事が目的。
同じ現実や価値観を共有できて、
日本で共に新しい時代を
創造できる仲間を増やしたい。

サンフランシスコ周辺ベイエリアにはサステナブルな社会のモデルを作り出し実践している魅力的な人たちがたくさんいます。アーバンパーマカルチャーやギフトの実践を中心に、ベイエリアで作りたい未来を創作し活動をしている人たちに一緒に会いに行こー!

日程: 10月24日(月)〜10月29日(土)

集合・解散場所:最寄りの空港はサンフランシスコ国際空港

参加人数:12名 (条件付き先着順)
数人、活動仲間を優先する場合があります

参加費: 9万円
含まれるもの: 通訳、宿泊、滞在中の交通費、食費、コーディネート+ファシリテーション
含まれないもの: 航空費、海外旅行保険、外食費

申し込みフォーム

問い合わせの方は tup.tour(a)gmail.com まで連絡ください。
(a)を@に変えてください
*題名に【2016カリフォルニアツアー 】と書いてください


スケジュール詳細
*変更する場合があります

10月24日 (月)
16時 現地の宿泊先に集合
みんなで夕食を作ってチェックイン

10月25日(火)
サンフランシスコ巡り


サンフランシスコのど真ん中、ゲリラガーデンとして始まったコミュニティガーデン

ガーデン創立者のアントニオや奥さんのかなちゃんによるサンフランシスコパーマカルチャーツアーも予定しています。

  • Tree’s garden

無料で食料を提供し続けて30年。ツリーさんのガーデン訪問。ツリーさんについては、去年のツアー参加者アヤちゃんのブログを参照

など

10月26日(水)〜28日(金)
イーストベイ巡り

都会型パーマカルチャーのモデルが盛りだくさんの実験場+コミュニティ


都会でバイオディーゼルが買える給油所。しかも、女性のワーカーズコープ(従業員の協同組合)。さらに、パーマカルチャーの工夫もされていて、雨水タンクやエディブルが育っていて、お店の中は養蜂セットや種などアーバンパーマカルチャーショップになっている!


空き家を改造して作った市民のハッカーラボ。様々な市民団体の拠点。「ウォール街を占拠せよ!」の波紋から生まれたゲリラ基地。写真はバイオラボの様子。



ベイエリアの活動家・ピースメーカーの拠点。


そこに住むガンジー的男子たち- パンチョやサムについては、去年のツアー参加者アヤちゃんのブログを参照

-  Edible Schoolyard Berkeley http://edibleschoolyard.org/
   

ガーデン+キッチン教育の大御所エディブルスクールヤードのガーデン見学





Gill Tract (大学が開発を予定していた農場地を地域の活動家がオキュパイ。このゲリラガーデニングを経て今では大学とコミュニティーがアグロエコロジー実践共同研究をすることになった場所)

などなど

10月29日 (土)
振り返り+チェックアウト
13時 宿泊先で解散

[オプショナル]
10月30日(日)まで残れる人はカルマキッチン (11:00 ~ 14:00) が開催されるので、尋ねることをオススメします。
カルマキッチンについての記事はこちら